スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状、法律違反ではないけれど・・・

ここ、2、3日マイミクさんのところに訪問、コメ書きできなくてスマン(´・ω・`)
言い訳かもしれないけど、自分の日記書いて少しだけ訪問して、いきなり寝落ちかましてたりするのよね。

特に昨日は酷かったな・・・夕食後、問題集解いてたら普通に寝てたからσ(・∀・*;)
しかも、起きた時、鷹の爪の映画がやってた時間だったけ(ぉw

とりあえず、この土日で疲れを取るとしようかw

・・・話が脱線したね(´=ω=`)

今日書くことは、R25の記事のこれ
http://r25.jp/magazine/ranking_review/10005000/1112008052206.html

見れない人のために、リンク先の記事をコピペしたぞ。



どうしてRMTを禁止するゲーム会社が多いの?

ネット上で複数のプレイヤーが、ひとつの仮想世界に参加してプレイするオンラインゲームでは、しばしばリアル・マネー・トレード(以下、RMT)という行為が行われている。RMTとは、ゲーム内で獲得した仮想通貨やアイテムを現実世界のお金で取り引きすることだ。現状、RMTは法律違反ではないが、ゲーム内規約で禁止されているケースが多い。換金目的のプレイヤーは、仮想通貨やレアアイテムの獲得に手段を選ばない傾向があり、ゲームバランスの崩壊につながりかねないからだ。当然、日本では否定的な意見が多い。ところが、どうも韓国や中国、欧米のプレイヤーのあいだでは、比較的RMTは容認されているようなのだ。なぜなのだろう?

「まず、ゲームに対する姿勢の違いがあると思います。日本人は、ゲームを文化として楽しみたいわけですよ。だけど、韓国、とくに中国は、とにかくRMTなどの手段を使ってでもゲーム内で強者になりたいという傾向がある。それと、もうひとつ。現実世界での各国の為替レートって違いますよね。為替レートが低い国の人が、為替レートの高い国のゲームで稼いだ仮想通貨をRMTで売ると、大儲けできるという事態が発生するんです」とゲーム誌などでRMT問題を追ってきた大西祥平氏は言う。これは、もはやゲームではなく労働だ。では、欧米はどうなのだろうか。

「欧米は、多人数参加型のオンラインゲームの歴史が長いし、市場も確立しているのでRMTに関しても大人なんです。まあ、個人主義の国ですから、誰がどんなプレイをしようが自由という風潮がある」(同) 

そうはいってもRMTは、様々な問題をはらんでいる。脱税などの犯罪目的に使用される可能性もあるからだ。ならば、いっそのことゲーム運営会社自身が仮想通貨やアイテムを売り、月額のプレイ料金を無料にするという流れもある。これはこれでゲーム性が変わる恐れがあるが、ひとつの方向性ではあるだろう。
(新形光)

1.jpg


v             2



この記事から、中国はリアルでもネットでも自分が最強じゃないと納得しない人種だと理解が取れるな・・・何ていうかガキ以下てことかな?(ぉぃw
逆に米国は大人だな、リアルではアレだが(´・ω・`)


>ゲーム運営会社自身が仮想通貨やアイテムを売り、月額のプレイ料金を無料にする
この内容のゲームだと、メイプルストーリーやパンヤが該当するな。
まあ、メイポだと武器を強化(ガチャポンアイテムによる)や経験値増加するのにリアルマネー投資したり、パニャだと様々なアバタを購入するのに使うからバランスは・・・崩してはいないよなσ(・∀・*;)

とりあえず、リアルマネー投資は程ほどにしないと大変なのでご利用は計画的にだぜ
パンヤの初音ミクアバタだと2000円もしますからね( ̄ω ̄;)

まあ、プレイ自体はタダだから暇潰し程度に遊ぶのが吉でしょうかね。

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

Comment
Form
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。